我が家が漆喰の家にした理由

casacarinaを選んだ理由

我が家はcasacarinaという規格住宅を選びましたが、決め手は可愛い外観はもちろんのこと、
「漆喰による清潔感のある空気」。これは大きな決めてとなりました。

そもそも漆喰とは・・・

「原料的な意味において、消石灰に糊を加えて、水で練ったものです。
ヨーロッパ(主に南欧、プロヴァンス地方)で発展し、建物などに使われてきたそうです。」

我が家が楽々自然住宅さんにお願いし、既にカーサカリーナにお住まいのお宅を見せて頂いた時に、「ビニルクロスの部屋」と「漆喰壁の部屋」を交互に見させて頂きました。


「全然違う・・・」

 

言葉での表現が難しいですが、空気が爽やかであり、湿度も感じにくいカラッとした感じ。

そして、生活臭などの匂いも気になりません。

僕ら夫婦には空気が全然違うように感じましたよ。(当然個人差はあると思います)

壁の凹凸がナチュラルな雰囲気を醸し出す

漆喰の透き通ったような綺麗な「白」は、窓から入り込む自然光はもちろん、室内の照明の灯りも綺麗に反射して、ナチュラルテイストやカフェ風などのお部屋には好相性。
表面の凹凸も職人さんが手作業で塗ってくれてるので、アジがあってとってもいいんですよね。

当然、グリーンやリース(ドライフラワー)などの雑貨とも好相性。

予算が許すなら、家中くまなく漆喰にしたくなってしまう。

断熱効果が高い

漆喰は本当に断熱効果が高いと思います。

我が家は外壁も内壁も漆喰壁です。(といっても、内壁はリビングと寝室のみ)

今の家に住む前は、鉄筋コンクリート建てのアパート最上階に住んでいて、
当然、夏場は寝る時にエアコンを付けっぱなしでした。

というのも、切タイマーで寝たところで「エアコンが切れたら、そこから急加速度で室温が高くなっていくから!」あれは暑かった・・・

それに比べ!今は昼間でも一度エアコンを付けてある程度冷やしてしまうと、しばらくは扇風機のみで十分に耐えれるほどです。

寝る時に関しては、1時間タイマーをして寝れば、大体朝までは持ちこたえることができちゃいます。

そう、夏場と冬場のエアコン使用料が少ないということは

電気代の節約につながります!

エコにも繋がって、自分のお財布にも環境にもとても良いことです。

おかげさまで、我が家は真夏・真冬とどちらも電気代(オール電化なのでガスは無し)は1万円ちょっとです!春や秋に至っては7000円位

これって結構安くないでしょうか??

ちなみに、ビニルクロスの部屋では、エアコンを付けても「やはり室温の上がり方は早く感じます」。

casacarinaには「かわいくて、かしこい家」というキャッチフレーズがありますが、実際に住んでみて「間違いないこと」を実感しています。

まとめ

漆喰の良さ、少しは伝わりましたでしょうか??どこかの回し者でもないですが、本当にオススメです。そんな漆喰フェチ(?)な我が家は、洗面所をDIYにて漆喰壁にしたので、また記事にしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!